当院の特徴

◎皮膚のできもの、傷あとの修正などの皮膚外科手術

◎わきが・腋窩多汗症に対する治療

◎しみ、ほくろ、あざ、赤ら顔、医療脱毛などのレーザー・光治療

◎信州大学方式による眼瞼下垂手術・眼瞼美容手術

◎入院や全身麻酔不要の立ち耳形成手術(保険診療)

◎最新医療機器によるリーズナブルな美容皮膚治療

◎いぼ、みずむし、手荒れ、にきび、じんま疹、帯状疱疹、アトピーなどの一般皮膚科診療

◎やけどや切り傷、擦り傷、巻き爪などの外科的疾患の治療

皮膚のできもの、傷あとの修正などの皮膚外科手術

形成外科専門医として、皮膚外科手術治療は20年以上の経験があり、自信のある分野です。粉瘤やほくろなどの単純な皮膚腫瘍切除であっても、瘢痕が最小限となるよう1例1例細心の注意を払って治療しています。顔面、耳、手足などの、きれいな仕上がりや、ひきつれ予防などの機能的な結果を要求される難しい手術もご相談ください。

わきが・腋窩多汗症に対する治療

開業以来、当院が力を入れている分野です。切らないわきが・わき汗治療器「ミラドライ」を長野県で初導入し、ダウンタイムの少ない、傷跡を残さない治療ができるようになりました。重度のわきがの方には健康保険適用での手術治療も多数行なっています。重度の腋窩多汗症の方には、保険診療によるボツリヌス毒素注射による制汗も有効です。

しみ、ほくろ、あざ、赤ら顔、医療脱毛などのレーザー・光治療(保険・自費)

Qスイッチルビーレーザー「ナノスターR」、IPL (フォトフェイシャル)治療器「M22」、炭酸ガスレーザー「UAL3000DP」、蓄熱式脱毛レーザーなどの最新レーザー機器を用意しています。しみ、ほくろ、あざ、赤ら顔、医療脱毛などの患者さんのあらゆるニーズにお応えします。生まれつきのあざについては保険診療によるQスイッチルビーレーザー治療が可能です(ただし扁平母斑、太田母斑、異所性蒙古斑のみ)。

信州大学方式による眼瞼下垂手術・眼瞼美容手術

年齢とともに進行し、視野障害だけでなく、頭痛、肩こり、過緊張、うつ、不眠などをひきおこす眼瞼下垂症に対する手術治療を行なっています。眼瞼下垂の病態は院長の恩師である、信州大学形成外科名誉教授の松尾清先生(現 松尾形成外科・眼瞼クリニック理事長)によって解明されました。眼瞼の手術については松尾先生からお教えいただいた方法をもとに、工夫を重ねております。視野障害を伴う眼瞼下垂手術については保険診療ですが、美容的な眼瞼形成については自費診療で対応いたします。

いぼ、みずむし、手荒れ、にきび、じんま疹、帯状疱疹、アトピーなどの一般皮膚科診療

地域に密着したクリニックとして、よくある皮膚科疾患の診察は当院の診療の軸となるものです。多くの患者さんに受診していただいております。
今後も身近な皮膚トラブルの駆け込み寺的な存在として、お役に立てるよう頑張ります。

やけどや切り傷、擦り傷、巻き爪などの外科的疾患の治療

形成外科医は体表面の外科のスペシャリストです。やけど、切り傷、擦り傷などをできるだけ、早くきれいに治すことを常に考えています。巻き爪については矯正治療(自費診療)も行っています。

最新医療機器によるリーズナブルな美容皮膚治療

しみ治療・赤ら顔・美肌に対しては最新のフォトフェイシャル治療器である「M22」とルビーレーザー「ナノスターR」を導入しております。美肌治療に対してはエレクトロポレーション機器の最高峰「メソアクティス」を導入しています。脱毛治療に関しては痛みのない蓄熱式脱毛レーザーを導入しています。以上の最新機器をできるだけリーズナブルな料金で提供できるよう努力いたします。