診療案内

メンズ ヒゲ脱毛

自費診療

ヒゲ脱毛のメリット

ヒゲ脱毛は最近では身だしなみの一つとして捉えられるようになってきました。

従来はヒゲをそっても青ひげの状態で、ヒゲが濃すぎて気になる、という方がヒゲ脱毛を希望される印象がありました。

しかし、最近ではいろいろな方がヒゲ脱毛を希望されて来院されます。

例えば、ヒゲがとても少ない方

もともとヒゲが少ない方は、ヒゲ剃りの回数がもともと少ない場合があります。ひげそりを毎日必要としないがゆえに、剃りきれていないヒゲがずっと残りがちです。これは他人から見ると見苦しいものです。ヒゲが少ない方は少ない回数で効率よく減毛できますので、ヒゲ脱毛してしまえば日々のケアがだいぶ楽になりますし、清潔感もアップします。

例えば、部分的にヒゲをデザインしたい方

きれいに整えられたヒゲは男性の魅力の一つです。残したい部分は残して、デザインされた脱毛を行う方も増えてきました。ヒゲが濃くて、全部脱毛するのに抵抗がある方でも、これなら挑戦しやすいのではないでしょうか。一人ひとりのご希望をお聞きして、丁寧に脱毛を行います。

例えば、にきびで困っている方

にきびは毛穴のつまりから生じます。にきびができやすい方では、脱毛をするとにきびが減る、という副産物も期待できます。

このように、男性でも脱毛することで、生活の質を改善できるのです。

ヒゲ脱毛の機種選び(スペック)

ヒゲ脱毛で大切なのは、「ヒゲ脱毛ができる十分なスペックを備えたレーザーを選ぶこと」です!

男性のヒゲは濃く、太く、頑丈な毛です。家庭用脱毛器ではほとんど効果は見込めません。エステで使用されている脱毛機器でも相当時間がかかります。

ヒゲ脱毛こそ、ハイパワーな「医療脱毛」が必要と考えています。

車やPCなどスペックにこだわる男性なら、レーザーのスペックにもこだわっていただきたいと思います。

頑固なヒゲを抜くだけのパワーのあるレーザーが必要なのです。

「医療脱毛」と一口に言っても、実は機種は様々です。大きく分けると「レーザー脱毛」「光脱毛」があります。「光脱毛」はエステの脱毛と同様の原理です。

効果がしっかり見込めるのは「レーザー脱毛」です。

「レーザー脱毛」の中にも種類があります。「蓄熱式レーザー脱毛」「熱破壊式レーザー脱毛」です。

当院はどちらのレーザーも備えていますが、ヒゲ脱毛では「熱破壊式レーザー」を使用しています。

「蓄熱式レーザー」は痛みが少なく効果が高い、優れたレーザーで、開院当初は当院でも「蓄熱式レーザー」でヒゲ脱毛を行っていました。

しかし、ヒゲ脱毛では毛が太くて濃いため、「蓄熱式レーザー」でも痛みがかなり強いのが実際で、ジェルが必要なこともあり、顔中ジェルだらけになります。

あまり気持ちの良い施術ではありませんでした。

そこで、2020年秋から、現時点では最も効果が高いと考えられる「熱破壊式レーザー」、シネロンキャンデラ社のGentleMaxPro(ジェントルマックスプロ)を導入しています。

米国シネロンキャンデラ社製 ジェントルマックスプロは、 減毛について日本国内の医療機器承認を取得しており、安全性も高い機種です。

 

導入以後、快適で、本当に効果の高いヒゲ脱毛を提供しています。

 

ヒゲ脱毛の手順

  1. 電話で予約(0263-87-2248)してください。2回目以降はWEB予約も可能です。
  2. 予約時間の15分前にはご来院ください。カルテ作成のため、保険証もご持参ください。
  3. 脱毛予定部位のヒゲは剃ってきてください
  4. レーザー照射(30分ほどで終了します)。
  5. レーザー後、当日はひげを剃らず、皮膚を安静に保ってください。保湿剤や化粧水はOKです。
  6. 翌日からはいつもどおりの生活でOKですが、日焼けをしないようご注意ください。

ヒゲ脱毛の回数・間隔

ヒゲ脱毛は回数がかかります。当院のハイパワーなレーザー、GentleMaxProをもってしても、10回以上かかることが多いです。

もともとのヒゲの量によるところも大きく、ヒゲが濃い方は回数がかかります。20回以上かかる場合もあります。

大体4週間以上の間をあけて照射をしていきます。急ぎたいお気持ちもあるかもしれませんが、これ以上の短い間隔では効果が十分に出せません。

毛がしっかり生えていないとレーザーは効かないのです。(「毛周期に合わせて脱毛しましょう」と言われるのはこれです。)

だいぶヒゲが少なくなったら、2ヶ月ぐらいの間隔をおすすめしています。

ヒゲ脱毛の痛み

正直なところ、ヒゲ脱毛は痛いものです。効果を出すためには多少の代償が必要というところです。

私(院長藤田)の体験からすると、我慢できる痛みですが、終わってみれば若干涙目になっている程度です。特にヒゲが濃いところでは痛いです。

痛みの程度により出力を調整したり、照射ペースをゆっくりにしたりで、乗り切れるとおもいます。

当院では脱毛時の麻酔はご用意しておりません。

ヒゲ脱毛のトラブル

まだらに脱毛される、という事象がよくみられます。ヒゲが均一に薄くなるわけではなく、よく効くところと効きにくいところがあるのです。
これは脱毛を繰り返すと解消されていきますのでご心配なく。

また、ほかにも熱傷、色素沈着、皮膚炎、にきび、毛包炎、硬毛化等のリスクがあります。

施術前にも詳しくご説明いたします。

ヒゲ脱毛の価格

  • 脱毛基本料 3,300円(初回のみ ※詳細説明・同意書作成代として)
  • 未成年の方はカウンセリング時に保護者の同伴が必要となります。また、15歳以下の方は施術の都度、保護者の同伴が必要です。

部位1回料金(税込)
ひげセット(両頬・もみあげ、口まわり、あご下、くび前)
2021.4.19~お得になりました!
26,400円
両頬・もみあげ9,900円
4,950円
鼻の下4,950円
あご正面4,950円
口まわり(鼻の下・あご正面)9,900円
あご下(首との境まで)4,950円
くび前9,900円
脱毛ピンポイント1ショット770円
  • 剃毛代・・・1,100円(産毛や剃り残しを剃毛した場合も対象となります。)
一覧へ戻る