設備案内

クリニック施設

入り口

入り口
入り口
受付
受付
待合室
待合室
美容待合室
美容待合室
診察室
診察室
カウンセリングルーム
カウンセリングルーム
美容施術室
美容施術室
パウダールーム
パウダールーム
トイレ
トイレ

医療機器

Qスイッチルビーレーザー

Qスイッチルビーレーザーは、さまざまなシミやアザを治療する、強力なレーザー治療機器です。レーザー光は、ある特定の色素に反応し吸収される性質があります。ルビーレーザーは694nmの波長を出し、皮膚内部のメラニン色素に特に吸収され、周囲組織への損傷は最小限に、メラニン色素のみを破壊します。

照射には痛みを伴うため、クリームによる麻酔あるいは氷で基本的に皮膚への損傷は軽度ですが、照射部位は軽いやけどを生じ、1週間ほど処置を要します。化粧も禁止です。照射後は周囲の正常な皮膚を傷つけることがありません。

Qスイッチルビーフラクショナルレーザー

Qスイッチルビーフラクショナルレーザー(以下ルビーフラクショナル)は、従来型のQスイッチレーザーでの問題を大幅に引き下げることに成功しました。

強力なレーザーであるQスイッチルビーレーザーの光を細かくドット状にして照射します。レーザー光が細かくなっていることで、組織の損傷が最小限となり、ガーゼの必要なやけど状態にはならず、炎症後色素沈着の確率もかなり減少しています。照射時の痛みも大変少ないので照射前の麻酔も必要ありません。

ルビーフラクショナルは、ダウンタイムは1日程度で、翌日には赤みもほとんど気にならなくなります。照射直後からメイクが出来るために 日常生活にあまり影響を与えずに治療を進めていくことができます。さらに、数ヶ月に及ぶ回復期間を待つ必要が無いため、最短1ヶ月毎の治療行うことができ、総治療期間の短縮に繋ります。

ウルトラパルス炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーは水に吸収される光の波長を照射するものです。いわゆる「レーザーメス」です。当院で導入した最新式炭酸ガスレーザーは、ウルトラパルスレーザーといって、これまでの炭酸ガスレーザーに比べ、皮膚の表面をごく浅い層で削ることのできるレーザーです。ほくろ除去後の傷跡のリスクがだいぶ軽減します。詳しい説明はこちらのブログをどうぞ

レーザー脱毛(蓄熱式脱毛レーザー)

メディオスターNeXT PRO(ネクストプロ)は、毛根を破壊するのではなく「バルジ」と言われる、発毛因子を破壊することで、毛の再生を防ぎ脱毛を行います。毛根よりも浅い層に存在するバルジに対して、ダイオードレーザーを細かく照射することで、部位に蓄熱を行うことでバルジを破壊します。

メディオスターNeXT PROその脱毛理論の特性から通常の脱毛レーザーと比べて衝撃が少なく、火傷などのリスクも少ないので、今までのレーザー脱毛と比べると驚くほど痛みが少なく脱毛が可能です。

実際の詳しい説明と施術動画はこちらのブログをご覧ください。

エレクトロポレーション(メソアクティス)

針を使わずに、美容成分を肌の深部に導入できる「美容医療スキントリートメント」です。
肌は本来バリア機能があるため、通常のスキンケアでは肌の深部まで美容成分が届きません。しかし、エレクトロポレーションという原理を利用することで、皮膚にダメージを与えることなく美容成分を大量に導入する事が可能です。

イオン導入や超音波では導入する事ができなかった分子の大きい成分やイオン化していない成分も導入が可能で、イオン導入と比べて約20~70倍の浸透力があります。

施術直後からお化粧してお出かけいただける、お手軽な医療フェイシャルです。
肌の老化を引き起こす根本要因「代謝の低下」を細胞レベルで食い止めます。

創傷治療とは異なり、肌へのダメージ、痛みは一切なし。 気軽に取り入れられる医療レベルの美肌ケアです。

ケミカルピーリング

サリチル酸マクロゴールを用いたケミカルピーリングを行います。サリチル酸ピーリングはグリコール酸ピーリングにくらべて合併症が少なく安全性が高いことが特徴です。しかも効果は同等です。

特殊な薬剤で皮膚の最も表層にある角層を除去でき、施術後には「皮膚の柔らかい感触」と「ポチャポチャした弾力性のある手触り」を得ることができます。施術の最後には高濃度ビタミンC誘導体とトラネキサム酸、アスタキサンチンジェル、保湿剤で仕上げを行います。

実際の施術の様子と動画はこちらのブログをご覧ください。

フォトフェイシャルM22

フォトフェイシャルの最新機種である「M22」をもちいた光治療を行います。カメラのストロボよりも強い光を肌にあて、皮膚の様々な物質に吸収させて光熱作用で様々な変化を生じさせます。顔の全体にまばらにある小さなシミや赤ら顔に効果があります。毛穴や小じわなど肌質改善にも効果が認められています。

フォトフェイシャル協会公式サイト

超音波診断装置

超音波を用いた皮下腫瘍の診断や、外傷時の皮下異物などの診断に役立ちます。皮膚科領域ではまだエコーを使っての診断は多くありませんが、触診ではわからない情報をたくさん得ることができます。患者さんは痛みもありませんので、子供さんでも検査を受けることができます。
最新型コニカミノルタの超音波機器を導入しています。

石灰化上皮腫
石灰化上皮腫
粉瘤
粉瘤
脂肪腫
脂肪腫
血管肉腫
血管肉腫