診療案内

エキシマライト療法(UVB-LED光線療法)

保険診療
皮膚科

エキシマライト療法(UVB-LED療法)とは

紫外線の免疫抑制作用を利用して、過剰反応を起こしている皮膚の症状を鎮静化させる「光線療法」と呼ばれる治療法です。

治療効果が高い波長領域の308nmの紫外線を照射することで、皮膚疾患症状の改善が期待できます。

当院で導入した機械はLED抗原を用いているので、正確には「UVB-LED療法」ですが、効果は従来のエキシマライトと同等です。

LED抗原になったことで、短時間での照射が可能となっています。

痛みはまったくなく、温かい程度です。

目的・効果

円形脱毛症、尋常性白斑、掌蹠膿疱症、尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎等の疾患を改善させます。

使用する機器

ウシオ電機製の「セラビーム® UV308 mini LED」を使用しています。

非常にコンパクトで、治療時間も早いのが特徴です。

 

こんなふうにLEDが多数並んでいます

 

治療頻度・回数

エキシマライト療法は繰り返しの通院治療が必要です。

週1-2回の通院が標準です。

効果が出るのは、疾患による差や個人差がありますが、おおよそ5~10回で効果がではじめます(あくまでも目安です)。

合併症・副作用

  • 皮膚の赤み・日焼け症状が出ることがあります
  • 色素沈着

料金

健康保険適用で治療が受けられます。

3割負担の場合

1回につき 約1000円程度です(他に診察料、投薬料などがかかります)。

一覧へ戻る