診療案内

サブシジョン【ニキビ痕クレーター治療】

自費診療

サブシジョンとは

皮膚がへこんでしまったニキビ痕に対する治療です。

過去にニキビが悪化して炎症を起こした皮膚は、

皮下にできた瘢痕組織に引っ張られてへこんでいます。

皮膚を引っ張っている瘢痕組織を切り離す治療が「サブシジョン」です。

サブシジョンはローリング型のにきびあとに最も効果的な治療です

 

【治療の流れ】治療は20-30分程度です

  • 局所麻酔の注射をします
  • 細い針、あるいはカニューレ(先が丸い針)で瘢痕組織を離断します。

【治療後の注意】

  • 施術当日から洗顔をしてください。
  • 翌日からお化粧ができます。
  • 10日程度で再診して下さい。
  • 必要に応じ3-6か月以上の間隔をあけて、繰り返し(2-5回程度)施術を行います。

【副作用・合併症】

内出血、腫れ、かさぶた、しこり、感染、麻酔薬によるアレルギー、神経損傷による痺れや運動麻痺

 

併用する治療について: 症状に応じて、以下の施術の同時併用をお勧めすることがあります。

【CO2レーザー】

ニキビ痕の段差をなだらかにレーザーで削ります。術後は軽い「やけど」になるため、ワセリンの塗布が必要です。1週間程度は化粧を控えてください。

副作用:しばらく赤みが残ります。強い色素沈着が半年から1年続くことがあります。

【ヒアルロン酸】

サブシジョンで切り離した皮下瘢痕の再癒着を防ぐために注入します。注入したヒアルロン酸は、徐々に自然に吸収されますが残ることもあります。

副作用:感染、ヒアルロン酸アレルギー、血管塞栓による皮膚壊死 等を生じることがあります。

費用(税込)

初診料   935円    自費施術基本料金(同意書作成時) 2200円

再診料     550円   (土曜日12時以降、夜間加算550円)

サブシジョン2×2センチあたり22000円
CO2レーザー併用2×2センチあたり11000円
ヒアルロン酸併用1ccにつき44000円

 

 

一覧へ戻る