診療案内

医療レーザー脱毛

自費診療

医療レーザー脱毛のしくみ

脱毛レーザーを毛に照射すると、レーザー光は毛の黒い色に吸収されます。

黒い色に吸収されたエネルギーは毛根、あるいは毛根の近くにある毛のもととなる幹細胞のあるエリア(バルジ領域)を破壊します。

当院では、2台の脱毛レーザーを使い分けることで、あらゆる状況に対応可能です。

生えている毛にしか効果がないため、毛周期に合わせて複数回の治療が必要となります。部位にもよりますが、およそ2ヶ月に1回程度の脱毛を繰り返します。

レーザーはメラニンの黒色に反応します。白髪には効果がありません。

日常的なお手入れの回数が減るまで5~10回程度の照射、男性ひげやVIOは10回以上の照射が目安となります。

 

 

 

医療レーザー脱毛とエステ脱毛の違い

エステ脱毛では通常IPLと呼ばれる光脱毛です。当院のフォトフェイシャルM22でもIPL脱毛は可能ですが、医療レーザー脱毛に比べて効果が低いので、当院ではIPLを所持していてもメニューに加えていません。しかもエステで扱えるIPL機器は当院のフォトフェイシャルM22よりも出力がだいぶ抑えられた器械です。このことからも効果の違いが想像していただけるのではないでしょうか。つまりは、出力が断然違う、ということです。

医療レーザー脱毛は痛いか?

ひげやVIOなどの濃く太い毛の脱毛は痛みがあります

あまり濃くない発毛部位は痛みも少なめです。

ティーンズ脱毛とは?

当院では10代の方の脱毛料金を割安で受けられるようにしています。ただし未成年ですので、保護者の同意・同伴が必要です。注意点としては、現在生えている毛には効果がありますが、発毛を予防する効果はないということです。できれば二次性徴を迎えたあとでの治療が、経済的にもおすすめです。小さいお子様ではよほどの事情がない限り、成長するまで治療を待つことをおすすめしています。

採用しているレーザーは?

メディオスターネクストプロ

ドイツ製Asclepion社のメディオスターネクストプロというレーザーです。蓄熱式脱毛の代表的な器械で、ダイオードレーザーという種類です。痛みが少ないことが特徴です。

ジェントルマックスプロ

アメリカ製シネロン・キャンデラ社のジェントルマックスプロというレーザーです。

2020年11月より新規導入しました。

高い脱毛効果に定評があります。

ロングパルスアレキサンドライトレーザーとロングパルスネオジミウムヤグレーザーという2種類のレーザー出力が可能です。

細かい部位まで強力に脱毛が可能です。痛みは蓄熱式脱毛に比べると若干ありますが、照射時に冷却ガスが噴射されるので、だいぶ痛みは軽減されます。

スポットサイズは6ミリから24ミリまで用意しています。

 

レーザー脱毛は予約できるか?

初回から電話でのご予約を受け付けています。まずはお電話ください。初回は医師の問診の後、看護師によるカウンセリングをお受けいただいきます。初回は1部位(両側)の治療から開始となります。脱毛後のトラブルがなければ2回目以降は複数部位の予約も可能となります。2回目以降はWEB予約も可能です。

レーザー脱毛の費用について

詳しくはこちらの料金表を御覧ください。

当院では脱毛にコース(6回セットなど)は設定していません。都度払いのみです。

必要回数は人によって異なりますし、どこまで脱毛するかのゴール設定も異なります。

中途解約やコース消化の期限などもありませんので、お気軽に好きなときに施術を受けられます。

予約のキャンセル料金は?

現在のところキャンセル料金の設定はありません

新型コロナウイルスの感染が心配なご時世です。キャンセル料が発生するとなると体調不良でも無理に施術を受ける方がでてくると思われますので、当面当院ではキャンセル料金を頂きません。ただし、急なキャンセルは、クリニックにも他の患者さんにも迷惑がかかります。予定変更の場合にはできるだけ早くご連絡をください。

キャンセルの多い方は予約をお断りすることもありますのでご了承ください。

一覧へ戻る