診療案内

臍ヘルニア(でべそ)

保険診療
形成外科

でべそは臍ヘルニアという生まれつきの疾患です。
赤ちゃんの臍ヘルニアは自然に治癒をすることも多いのですが、できるだけ臍の変形をきたさずに治すため、圧迫矯正治療をお勧めいたします。軽度のものは当院でも矯正治療が可能ですが、重度の場合には長野県立こども病院を紹介させていただきます。

大人のでべそについても診察いたします。
軽度の変形であれば、大人なら局部麻酔の手術で、保険診療で治療することができます。
お子様の場合、あるいは変形が強い場合には全身麻酔での手術が必要ですので、総合病院をご紹介させていただきます。
術後は激しい運動は1か月ほど避けてください。

皮膚の余りが目立ちます。
皮膚の余りが目立ちます。おへそを出すことができませんでした。
手術を行いました。
手術を行いました。
でべそ術後。
でべそ術後。縦長のきれいな形になりました。
一覧へ戻る