診療案内

シミの治療

自費診療

シミの種類と診断

シミには老人性色素斑、雀卵斑様色素斑、肝斑、後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)、太田母斑、脂漏性角化症など多くの種類があります。視診、触診、ダーモスコピーによる診察を行い、診断します。診断により、治療法も異なります。

治療の方法

Qスイッチルビーレーザー

シミ治療のゴールドスタンダードです。歴史も古く、効果も安定しています。限局したピンポイントのシミ(老人性色素斑)治療に向いています。治療は多くは1回で終了します。術後10日間は被覆材を貼る必要があります。

Qスイッチルビーレーザー NanostarR
フォトフェイシャルM22

光の波長をフィルターで調整したストロボのような強い光を皮膚に当てることで、シミ、そばかす、毛細血管拡張、毛穴の開きなどを改善する器械です。IPL治療器とも呼ばれます。「フォトフェイシャル」はルミナス社の登録商標です。複数回の治療が必要ですが、ダウンタイムが少ない治療です。

フォトフェイシャル M22
ルビーフラクショナルレーザー

Qスイッチルビーレーザーの光を分散して弱い出力で照射する方法です。やや深い真皮層にあるシミにもよく効きます。照射後は少し赤くなる程度で、被覆材を貼る必要はありません。フォトフェイシャルで効果が低いそばかすや、目の周りの淡いそばかす治療に効果が高いです。フォトフェイシャルで取り切れない広範囲のそばかすもルビーフラクショナルを併用することで効果が出ています。くっきりとしたシミには効果が低いです。

CO2レーザー

脂漏性角化症(厚みのあるシミ)を除去するときに用いる強力なレーザーです。繊細な操作が可能な機種を採用していますので、仕上がりもきれいです。痛みが強いので麻酔が必要です。

CO2レーザーUAL3000DP
メソアクティス(メソポレーション)

電気の力で細胞膜に穴を開け、ビタミンCやトラネキサム酸などの美白有効美容成分を直接細胞に取り込ませる治療です。イオン導入に似ていますが、医療機関専用機器ですので、効果が高いです。痛みはなく、気持ちのよい治療です。日頃のスキンケアのスペシャルケアとして取り入れていただけるとと良いでしょう。シミを消す効果は強くありませんが、肝斑などレーザー治療が適さない場合でも、メソアクティスなら問題なく施術を受けることができます。

シミ治療を受けたいときは?

診察

まずは診察が必要です。一般診療を行っている日(こちらをご参照ください)に、受診をしてください。お化粧はなさらずに受信していただけると大変助かります。ピンポイントのシミであっても、顔全体のシミの様子を診察させていただくことは重要です。化粧をして来られた場合には、部分的に化粧を落としていただきます。予約制ではありませんので、受付の順番で診察致します。当院に受診したことのある方は、WEBから「診察の順番とり」が可能です。

治療の予約

治療は予約制となります。診察に続き、治療の予約を致します。診察の結果Qスイッチルビーレーザー、ルビーフラクショナルレーザー、CO2レーザーを行う場合には医師施術につき、手術枠でのご案内となります。フォトフェイシャルあるいはメソアクティスの場合には看護師施術のため、枠の制限はありません。いつでも予約をすることができます。WEBからの予約も可能です。

Qスイッチルビーレーザーの治療例

こめかみのシミ:老人性色素斑 照射前

照射前
Qスイッチルビーレーザー照射直後。 シミは弾け飛び、浮いています。やけどの状態です。
キズパワーパッドのような被覆材を貼ります
照射後 10日 シミは完全にとれています。 被覆材を終了します。
2ヶ月後。シミは除去され、色素沈着もなく経過しました。

こちらのブログ:(シミの治療 Qスイッチルビーレーザーの信頼感)も御覧ください

一覧へ戻る