お知らせ&ブログ

二重まぶた 埋没法のご案内

院長藤田です。

アイプチ、アイテープ、皆さん使ってますか?

かぶれていませんか?

当院の一般外来診療をしていると、「二重のり」で皮膚炎を起こしている方の多いこと多いこと!

みるにみかねて、二重美容手術のご案内です。

目の上に線があるかないかだけなのですが、 これで悩むんです。

 

二重の手術には大きく分けて、埋没法と切開法があります。

埋没法は糸による癖付けを行って二重まぶたにする手術です

メスを使わないので、プチ整形ともいわれますが、変化はだいぶ大きいです。

なるべく腫れたくない、ばれたくない、という方にも、切開法よりもおすすめできます。

とはいえ多少は腫れるんですが。。。。

埋没法の欠点は

二重が外れることがあることです

とくに厚いまぶたの患者さんでは、もとに戻りやすいです。

また、無理な固定をすると、まぶたの違和感や、開きにくさが出ることがあるので注意。

 

当院ではまぶたの手術の患者さんは術前に2回お話させていただくことにしています。

印象を大きく変える手術なので、十分に納得して手術を受けていただくためです。

まずは一般診療日に受診をしてください。そこで、手術日、術前説明日を予約します。

 

基本的には1本の糸で埋没を行う手術で大丈夫ですが、、

厚いまぶたや、平行型を作りたい場合などは2本の糸を使用する場合もあります。

ただしなるべく無理のない、もともとの顔にあった二重を作るほうが外れにくく、きれいに決まります。

また、無理に止めると、うまく目が開かないなどのトラブルを生じる事もまれにあるため、注意深い手術が重要です。

まぶたに無理は禁物なのです。

 

「二重のり」でかぶれる方、ご相談ください。

こちらから特設ページにリンクしています。

一覧へ戻る