お知らせ&ブログ

当院でできる手術⑤ まぶたのできもの

2018年01月06日

まぶたのできもの

眼のふちにあったり、瞼にあるできもの、目の周りにあるできもので、

お医者さんから「目が変形してしまうから切除しない」「切除するけど痕が残るよ」といわれ、治療を断念したことはないでしょうか。

あるいは眼科に行ったらいいのか、皮膚科に行ったらいいのか迷うようなできものはありませんか。

形成外科は、「ニッチ産業」といいましょうか、どこの科にも属さないような疾患を得意とする面があります。

瞼のできものはその一つですね。

ほかにもなみだ目(眼科、耳鼻科)や、手の腫瘍(整形外科、皮膚科)や、やけど(皮膚科、外科)などもそうでしょうか。

形成外科がない地域ではほかの科の先生が担当されることが多いようです。

さて本題にもどります。

目の周りのできものですが、単純に切除すると目が変形してしまうようなできものでも、

形成外科的な方法で手術を工夫することで、ほとんど変形なく切除することができます。

また目の周りは皮膚悪性腫瘍(皮膚がん)ができやすい場所でもありますので、

切除して細胞を調べることをお勧めします。

もちろん保険診療で手術できますのでご安心ください。

一覧へ戻る