お知らせ&ブログ

巻き爪 矯正治療の威力!コレクティオのご紹介です。

院長藤田です。

今日は巻き爪についてです。巻き爪は足の1趾に生じやすい爪の変形です。

一般的に、「巻き爪」と呼ばれる状態には2種類あります。

一つは「陥入爪」と呼ばれる状態。爪の端だけが曲がっており、そこが趾の肉に食い込んで痛みがでます。ひどいときには赤く腫れてしまい、肉芽(にくげ)と呼ばれる変な肉が盛り上がってきます。

これは爪の変形というより、爪の切り方に問題があることが多く、爪の角を落とさない爪切りが重要と言われております。

もう一つは「過彎曲爪(かわんきょくそう)」と呼ばれる状態。これは爪が前から見るとU字をひっくり返したような形に変形してしまう状態です。爪への加重が足りないことが原因とも言われますが、はっきりしておりません。

今日の話題はこの過彎曲爪に対する矯正治療の実際です。

当院の症例をご紹介します(写真使用承諾いただきました。ありがとうございます)。

もともと爪の内側が強く巻いており、歩くだけで痛みを生じていました。

矯正前の状態:爪の端が強くまいており「つ」の字の状態です。歩くだけで痛い状態でした。

当院ではこのような過彎曲爪に対して、コレクティオという矯正器具による矯正を行っています。

矯正は痛みもありませんし、麻酔も必要ありません。大体20分ぐらいで終了します。

下の写真は治療直後です。

爪の矯正治療(コレクティオ)を行った直後です。直後にはあまり爪の形に変化はありません。

コレクティオ装着直後。あまり変わりませんね。
上から見た状態。ワイヤーは樹脂の中に隠すので靴下に引っかかったりしません。

しかし、この後徐々にワイヤーのけん引力が効いてきます。

1か月たつとこの通りです。

ワイヤー装着後1か月。「つ」の字は解消されました。爪の割れも全くありません。
少し上から見たところ。見た目にも普通の爪に近づきました。

この状態はまだ矯正途中ですが、かなり効果があり、痛みは全くなくなった、とおっしゃっていただきました。

今後大体3か月おきに装着を継続していく予定です。

これまでの弾性ワイヤーによる治療に比べて、見た目にスマートなのもいいですね。

現在では保険診療での爪矯正は認められていないので、費用は自費診療になります。

 

初診料 3000円(税抜き)

矯正料金(ワイヤー代含む) 1趾 10000円(税抜き) です。

一般外来で診察させていただき、適応のある場合には施術の日程を予約させていただきます。

施術は水曜日、土曜日の午後に行っています。

お悩みの方はご相談ください。

こちらの記事もご覧ください

一覧へ戻る