お知らせ&ブログ

わきが・わき汗の診察は制汗剤を塗らずに受診をお願いします。 しみ・水虫・眼瞼下垂も。。。

2018年08月26日

院長藤田です。

まだまだ暑い日が続きますね。

わきが・わき汗のご相談の方も相変わらず多く来院していただいております。

私からのお願いなのですが、

「わきが・わき汗の診察時には制汗剤を塗らずに受診してください!」

わきが、わき汗については保険診療で治療を行っております。

制汗剤を塗ってきてしまい、それがとてもよく効いている場合、

わきが・わき汗の診断が下せないことがあるのです。

 

わきがの手術は比較的大変な手術ですので、やはり正確な診断がないと手術に踏み切ることはできません。

わき汗の注射も高価な注射です。正確な診断が必要です。

 

「いや、塗らないといられないんだって」という、お気持ちお察ししますが、診察の日だけは塗らずに来てくださいね。

 

ほかにも、、、

しみの診察時にはノーメイクで来ていただきたいですし、

水虫の診察時にも水虫薬を塗らずに来ていただきたいですし、

眼瞼下垂診察時にはアイメイク、カラーコンタクトはやめていただきたいです。

 

しみの正確な診察は全顔のノーメイク状態を診ないと不可能ですし、

水虫の薬をぬると水虫菌が一時的にいなくなり、水虫検査が陰性で出てしまいます。

眼瞼下垂では瞳の位置と瞼の皮膚の状態は重要な診察ポイントなんです。

 

普段の生活のまま気軽に寄れるクリニックを目指してイオンモールに開院している当院ですが、

診察時にはちょっといつもと違う感じでお忍びでお出かけください(^^

 

一覧へ戻る