お知らせ&ブログ

腫れてしまったあとの、耳瘻孔摘出手術:L字切開

院長藤田です。お久しぶりです。

新型コロナの緊急事態宣言で、すっかりブログの更新が遅れていました。

今日は耳瘻孔の話。

当院のブログの中で最も読まれているのが「耳の前に生まれつきある穴:耳瘻孔(じろうこう)は取るべき?」(2017年10月公開)です。

どうして閲覧数が多いのかよくわからないのですが、検索エンジンで上の方に表示されるようです。

耳瘻孔について書いてあるネット記事が少ないからでしょうか。ニーズに応えて記事を追加します。

 

今日は感染して腫れてしまった耳瘻孔の手術の実例紹介です。

写真の使用許諾を患者さんからいただきましたので紹介します。

生まれつきの耳瘻孔で、子供の頃から時々腫れて痛い思いをしたそうです。

外科や耳鼻科や皮膚科で切ってもらって膿を出したり、抗生物質を内服したりしてしのいでいたそうです。

当院のホームページをご覧になったそうで、受診されました。

腫れてしまった耳瘻孔。初診時

初診時には、痛み、腫れがあったので、局所麻酔注射をして、切開、排膿を行いました。

1ヶ月後にはだいぶ落ち着きました。

切開後1ヶ月後の耳瘻孔。まだかさぶたがついています。

 

3ヶ月後に瘻孔の摘出術をおこないました。

耳の前の変色した部分はとらなくても大丈夫なのですが、

皮下の塊は全部取らなければ再発(また腫れる)してしまいます。

大切なのは瘻孔を取り残さないこと。

まず局所麻酔注射をして、

そのあとメチレンブルーという染料で瘻孔内を染色します。

しっかり全切除するためにL字型に皮膚を切開します。

縦切開だけでは取り残しやすいですし、平行な2本切開線では術野の視野が悪く、瘢痕もあまりきれいではありません。

術前デザイン。太い線で書いたところは必ず必要な切開。前方にむかう点線は必要に応じて追加切開です。すでに炎症は落ち着き、痛みはない耳瘻孔。このぐらい落ち着いてれば万全の手術ができます。

耳瘻孔からつながった汚い組織もすべて切除します。

L字切開から瘻孔と周囲不良肉芽を全摘したところ。瘻孔は青く染めてあります。
瘻孔のあった部分。しっかり止血しています。
瘻孔の裏側に耳介軟骨を付けて、切除します。こうすることで再発率が下がります。 道具の先で指している白いものが耳介軟骨です。

皮膚の下の空洞は少しならそのままで大丈夫ですが、大きいときは周りの組織を寄せてきて縫合し、血がたまらないようにします。

手術終了時。
L字型の傷です。
術後1週間。抜糸時の様子。

1週間後、順調に治癒しました。

本当はこじらせる前に摘出すればいいのですが、命に関わるものでもないし、仕方ないですね。

しっかり治しますのでご安心ください。

 

リスク・副作用・合併症について

出血・感染・薬剤アレルギー・瘻孔の残存、再発、傷跡が目立つ、等

一覧へ戻る