お知らせ&ブログ

当院でできる手術④:皮膚腫瘍の手術

院長藤田です。当院で可能な手術をご紹介します。

今日は皮膚のできものの手術の話です。

からだ中どこにでも皮膚腫瘍はできます。

顔や手など目立つところにあると気になるものですし、見た目の問題から、コンプレックスを抱えることにもなります。

また顔は皮膚の悪性腫瘍(皮膚がん)ができやすい場所でもあります。

手術で切除すれば、切除した腫瘍の細胞を調べることで、がんなのかどうか確実に診断ができます。

でも、顔の皮膚腫瘍を切除手術したら、きずあとが目立つのではないだろうか・・・とお考えになると思います。

たしかに、顔の手術の傷あとは、最初は目立ちます。

でも数か月すればほぼ目立たなくなることが多いです。

体の他の部位に比べて、顔は傷あとがきれいに治りやすい場所なのです。

また、目のまわり、鼻、くちびるなどの皮膚腫瘍を切除すると、形が変わってしまう可能性がありますが、

これも形成外科的手技(下に例示した皮弁手技など)を使って、できるだけ変形が少ないように手術をしますので、ご安心ください。

長年悩んでいる方も、一度受診をしていただくことをお勧めします。

 

手術料金の目安 顔の2センチ未満の腫瘍切除  3割負担で4980円+諸経費

皮弁の例です。皮膚欠損に対しての対処法です。
右頬の基底細胞がんです
しっかり切除しました。このまま縫合すると鼻が変形するので、鼻唇溝からの皮弁をデザインしました。
縫合直後です。
術後3週間です。幸い皮膚のゆがみはほとんどありません
術後半年です。テーピングのため日焼けせず周りが白くなっています。傷跡はだいぶきれいになりました。

一覧へ戻る