お知らせ&ブログ

わき汗のボトックス注射 保険診療です

院長藤田です。
先日も少し書きましたが、
今日もわきの話。
わき汗の多汗症は医学的には「原発性腋窩多汗症」と呼ばれます。
わきがとは関係なく、単純にわき汗が多い、という状態を呼びます。
生活に支障があり、診察で重度と診断された場合は保険診療での治療が可能です。

治療は軽度の場合には制汗剤でよいのですが、それ以上の効果を求める場合はボトックス注射を行います。
両わきの皮下にそれぞれ20か所ほど、少しずつ注射をします。

効果は数日であらわれ、個人差はありますが、数か月から半年程度効果が持続します。
薄着をする時期だけ治療をしたい場合は薄着シーズン前に、年に1回注射を受けて、繰り返せばよいわけです。

注射はチクチク痛みますが、極細の注射針で行いますので、それほどでもありません。

ボトックスのお薬代が高く、10万円程度するのですが、保険を使って行うので負担は3万円台で行うことができます(3割負担の場合)。

ご希望の方はご遠慮なくご相談ください。もちろん初診時から保険診療です。

受ける価値のある治療と思います。

残念ながら手汗、足汗のボトックス注射は保険では行えませんのでご了承さい。
まだ当院では手汗足汗ボトックスの自費診療も対応できておりませんが、今後対応できるようにしていく予定です。

一覧へ戻る